adidas Originals CONTINENTAL 80 atmos

1980年代のテニスシューズのヴィンテージルックを受け継ぐ CONTINENTAL 80にatmosのSMU(SPECIAL MAKE UP)が登場。

adidas Originals CONTINENTAL 80 atmos

イメージソースとなったのは、1980年代初頭のインドアシューズ。 テニスシューズとインドアシューズ、用途は違えど、 同年代のプロダクトが持つオーセンティックさをうまく調和させ、atmos流解釈で再定義している。

adidas Originals CONTINENTAL 80 atmos
adidas Originals CONTINENTAL 80 atmos

なんと言ってもその特徴は、レッドを全面に押し出したカラーリング。 トリプルレッドは勇者の誇りであると言わんばかりの仕上がりだ。

adidas Originals CONTINENTAL 80 atmos
adidas Originals CONTINENTAL 80 atmos

アッパー、脇のウェイビング、スプリットラバーのカップソール、 シューレースに至るまで、とにかく赤にこだわり抜き、 唯一白抜きされたadidas Originalsのロゴが、本モデルに絶妙な調和を生み出している。

adidas Athletics × atmos M ID Collection

adidas Athletics × atmos M ID Collection

atmosがadidas Athleticsに別注した、アパレルSMUコレクション。 シューレースに至るまで、とにかく赤にこだわり抜き、 その気になる内容は、スウェットフーディ、ナイロンフーディジャケット、ナイロンパンツの全3型。

adidas Athletics × atmos M ID Collection

M ID POHD ATM

スウェットフーディ

adidas Athletics × atmos M ID Collection

M ID WV JKT ATM

ナイロンフーディジャケット

adidas Athletics × atmos M ID Collection

M ID WV PNT ATM

ナイロンパンツ

ここ数年、再び脚光を集めているトラックスーツは、サイドのスリーストライプスが特徴。 しかし、こちらのアパレルはいずれも前面は漆黒の単色使いで、背面にスリーストライプスを配したデザインだ。

adidas Athletics × atmos M ID Collection

特に注目すべきは、ふくらはぎにショートカットした三本ラインを配置したナイロンパンツ。 atmosが提案するスリーストライプスは“背面で主張する”。

adidas Athletics × atmos M ID Collection

adidas Originals CONTINENTAL 80 atmos
adidas Originals CONTINENTAL 80 atmos