SUEDE VTG
MIJ SILVER

1968年に原型となるCRACKというスウェード製トレーニングシューズが登場して以後、50年以上の長きにわたって 様々なシーンで愛され続けてきたPUMA SUEDE。
PUMA SUEDEが現在の形となったのは1979年以後、PUMAの看板プレーヤーで、
PUMA CLYDEの着用シグニチャープレーヤーであったウォルト・フレイジャーがPUMAとの契約を離れたところからスタートしています。 当時、PUMA SUEDEはPUMA CLYDEの“CLYDE”というプリントを外し展開がスタートした為商品名の設定もされておらず、 品番である“90681”というモデル名で、カタログに掲載されていました。 その後、“PUMAのSUEDEのシューズ”という呼ばれ方が定着し、その後“PUMA SUEDE”として商品名が登録されたのは、 1990年代以後となる…という歴史が存在します。

当モデルは、そんなPUMA SUEDEの中でも、Vintage市場で特に人気の高いシルバーカラーのフォームストリップを採用しています。 日本における皮革工業のメッカである姫路レザーの最高な質感と、日本の靴職人の手作業を多く織り交ぜたこのモデルは、 ただのヴィンテージシューズの復刻には留まらず、新たな価値観を持ったシューズに仕上がっています。

PUMAと職人のこだわりが細部まで詰まったSUEDE MIJ。PUMAの本気を履いて感じて下さい。

ITEM LIST

SUEDE VTG MIJ SILVER

375905-01
¥18,500(+tax)

SUEDE VTG MIJ SILVER

375905-02
¥18,500(+tax)