STAFF REVIEW

時世もあるから、出かけるなら誰もいない離島なんかがいい。みんなとわいわいはしゃぎたいところだけど、あんまり大人数なのも気が引けるから、ここはひとつ1人旅というのも悪くない。持ってきたハンモックをビーチサイドの木陰に広げて寝そべりながら、今日の晩御飯の事から10年後の夏についてまで考えたい。どうせ、時間ならいくらでもあるし。どうせ、今年の夏も暑いんだろうし。どうせ、エアマックスを履くんだろうし。

~啜って啜ってここまで来ました~  ナイキの作ったカップ麺はどんな味がするのでしょうか。AF1のように武骨な醤油?それともAIRMAXのように弾む豚骨?いや、ここはCORTEZのようなさっぱり塩味でしょうか? むむ、これは悩ましい。 でも一つだけ確かな事が。  寒空の下、コンビニ前で啜ったあの日のように、特別な思い出がこの一着にはきっと染み込んでいく。麺は啜って、思い出は綴って。僕はエアマシマシでお願いします!  

魅惑のタ☆イ☆ダ☆イ ΣΣ 来ました!TIE DYE TEE! ΣΣ  まだスコシ早いんじゃないかって?∞∞∞ のんびりスゴシている間に夏はすぐそこまで来てしまいます!∰迎えに行くスタイル∰ ∰タイダイしか勝たん∰

 靴紐だけに、その歴史を少し紐解いてみる。 世界最古の靴が発見されたのが紀元前7000年。それはヨモギの樹皮でできた、現代のサンダルに近いような代物であったという。時を経て、靴紐付きの履物が発見されたのは紀元前3500年頃。それは牛革を用いて作られた粗雑なモカシンで、アッパーとヒールに革紐を縫い付けただけの、なんとも粗削りな一足であった。   しかしそれでも、人類が靴紐なしで過ごした空白の3500年を考えれば、それは正に2つの意味で「進歩」であったに違いない。 AVIC=【AMAT VICTORIA CURAM 入念な準備が勝利を導く】 とはラテン語だが、ラテン語にはこんな言葉もある。 【VITA BREVIS , ARS LONGA 技術は長く、人生は短い。】 シューレースを締める時、僕らは皆一本の道(タオ)で繋がっているのかもしれない。

僕達の大好きな漫画が、気付けば世界のMANGAになっていた。 世界は大きくなり、今や巨大な資本主義が世界を飲み込んでしまった。人々の欲望は更に多様化し、失われたコンプロマイズが聳やかした肩に隠れてしまったようだ。  最後に、こんなに真剣な目でAIR MAXを探したのはいつですか? AIR MAXを見つけて、「わあっ、エアマックスだ!」と感嘆したあの日の気持ち。世界のAIR MAXになる前、まだ「僕のエア マックス」を無我夢中で探して履いたあの頃。 貴方が履いているのは、AIR MAXですか?それともエアマックスですか? 後者な貴方にぴったりの一枚でございます☆

フランス人は、会話が途切れて沈黙が訪れる事を「天使が通りましたね」と言うそうだ。 ラトビアでは「嘘をついている」という意味で、「あの人はアヒルを吹き出している」と言う。 アメリカ、オレゴン州のカルデラ湖にぽつりとある島にはWizard Island, 直訳すると「魔法使いの島」という名前がつけられている。 天使は存在しないし、アヒルなんて口から吹き出さない。 それにもちろん魔法なんて無いけれど… そんな「空想」が無くなってしまったら、日常はきっとひどく味気ない。 「もしかしたら」ACGのCはCreativeのCでもあるのかもしれません。  

僕は覚えている。授業を抜け出して海に行ったあの7月を。僕の手形が残っているアスファルトを。学ラン。火のついたセブンスター。滴るメリケンサック。傘を持たずに夕立の中駆け出した時の気持ちも。  貴方にとって、それは壁に見えますか、バーベルに見えますか。いつだって後者な貴方に、このシューズを。               

叫べば伝わる愛ならば、 声の限りに叫んでも、 きっと伝わらないだろう。  【VINTAGE】という言葉がある。 語源はフランス語の、’vendange’ これはワインにおいて、ぶどうの収穫から醸造を経て、瓶詰めされるまでの工程を表す言葉である。    ここに一つの疑問生まれる。ヴィンテージとは状態なのか?それとも行為なのか? ヴィンテージというのは形容詞? 否、動詞なんじゃないのか?  答えはきっとその両方で、私は踊って愛を伝える。

細部に宿った神様が、みんなマイケル・ジョーダンだったらいいのに。そんなあなたの思いを叶えました。 練られたデザイン性と通常版とは違うシューレースの位置やベルクロの撤廃。よりアクティブな動きに対応するSpecial Edition。 ここまでくると、神口密度いっぱいです。お会計お願いします。