関西ではセレクトショップPAssIMを立ち上げ、現在はスタイリストとして活動をしている 渕上カン。専用の倉庫を借りるほど古着を所有する古着マニア。今回はそんな彼の1日に密着し、 実際にエアマックス 95を使ったスタイリングにてファッションシューティングを敢行。 ストリートカルチャーに精通する95年生まれのモデル、 浅井なつみも交えエアマックス95について話を聞いた。

―まずは渕上さんの自己紹介をお願いします。

渕上カンです。いまはスタイリストとして、アーティストさんとの仕事をメインにブランドLOOKや雑誌、広告などでスタイリングしています。もともと大阪でセレクトショップをしてたんですが、仕事の依頼をいただいたのをきっかけに現在は東京を拠点に仕事をしています。

―渕上さんのエアマックス95との出会いはいつですか?

渕上:リアルに95年の発売当時ですかね。恐らく中学1年生の頃とかで、まだファッションにそんな興味のない頃だったんですけど。クラスに1人はお洒落な奴がいたんですよ。いつも靴とかこだわって履いてる子がいて、その子からすげぇ靴があるんやというのを教えてもらいました。一目見てカラーリングにも衝撃を受けましたし、ソールの中身が見えている靴があることを知ったのがこのエアマックス95でした。それからエアのある靴が周りでもめちゃくちゃ流行るようになって。今だったらブチ切れですけど、エアに釘を刺して穴を空けるイタズラとかを仲間内でやりあってました(笑)。当時はエアマックス95を履けない時代だったので、先輩で履いている人がいたりするともうヒーローでしたね。

―今日はイエローグラデと同時に発売されるエアマックス95のアパレルラインも取り入れてコーディネートを組んでもらいました

渕上:個人的にはエアマックス95自体がグレーのグラデーションなので、それを活かしてグレーのワントーンとかで合わせたりするのが都会的で自分っぽいかなと思います。グレーは僕の中で上品な色なので出来るだけ汚したくないですね。でも、今日はスラックスですけど、逆にNikeのナイロンパンツに合わせたりしても、スポーツっぽいというより一周して今っぽいかなとも思います。外しでも使えますし、馴染むようにも両方に使えると思います。

―浅井さんも自己紹介をお願いします。

あさいなつみ 95年生まれで95と同じ25歳です。
普段はモデルをしてまして、スニーカーと古着と音楽が大好きです。

―今日はエアマックス95に合わせた私服コーデできてくれてるんですが、可愛い着こなしですね。

ありがとうございます。今日のコーデは私自身90年代のカルチャーが好きなのでBear USAのダウンをメインに、中のデラソウルのスウェットは実は2000年のツアーのもので時を越えて愛されてるam95と同じでピッタリだなと思い選びました。

―今日は、渕上さんに撮影前に行きつけの古着屋さんで3体のスタイリングを組み立てていただいたわけですが、それぞれのポイントを教えて下さい。

LOOK-1

渕上:1体目は、浅井さん自身が95年にはいないような自分像なので、逆に当時らしい90sな格好をした方が良い違和感が生まれて今っぽくなるかなというのを狙ってました。細かい事を言えば、ナイロンジャケットにナイロンダウンベストを合わせたりするのは当時いそうでいない感じを作れているのかなと思います。

LOOK-2

2体目は同じく90sっぽいんですが、ビックシルエットのよりヒップホップ感のあるコーディネートですね。でも、丈感とかでこっちの方が今っぽさを少し加えてます。1体目は東海岸で、2体目は西海岸みたいなテンションですね。

LOOK-3

3体目のスーツスタイルは現代っぽい着こなしをイメージして、エアマックス95を外しとして使った真似しやすいスタイルです。
今回発売されるAIR MAXのアパレルをインナーとして効果的に使ってみました。
Tシャツの背中にあるネオンカラーのスウッシュがポイントだと思ったので、背中が透けて見えるシャツをセレクトしてみました。

―なつみさんは実際に3スタイルを着てみていかがでしたか?

浅井:私がもしエアマックス95を合わせるなら、アイスブルーのデニムとかちょっとオーバーサイズで本当に90年代の服で合わせたりすると思うから、1体目のコーディネートは自分らしくてすごい好きでした。2体目も私自身が西海岸のヒップホップカルチャーが好きなので、かなり私好みです。 3体目のスタイリングは、普段はあまりセットアップにエアマックス95をあわせたりとかはしないから新鮮で楽しかったです。

渕上:音楽とかのカルチャーを知っているとファッションをより体現しやすいよね。

―そんなお二人にとってNikeの古着はどんな存在ですか?

浅井:私はACGとか、JORDAN、あとNikeのチーム物とか集めてました。でも、白の古着とか汚れちゃったりしてるものが多くて、今はあまり着てないですけど家で見てます(笑)。ディグって見つけた楽しさがあるから、結局、捨てれずに残してますね。

渕上:めちゃくちゃ好きなので、正直気分じゃなくても常備欲しいというか。古着屋で見つけたらすぐ買ってます。形がハイファッションですよね。絶対いろいろなブランドの元ネタにもなってると思う。やっぱりスポーツ物なので、スニーカーもアパレルも機能の為に作られたデザインが、ファッションとして完成されてるなと思います。

profile

渕上カン (KAN FUCHIGAMI)

2010年に大阪で セレクトショップ PAssIMをオープン。同時にオリジナルブランドMISS MUCHを立ち上げる。
2016年から拠点を東京に移しSTYLISTを本格的に始動。
アーティスト、俳優、雑誌、ブランドルック、広告など幅広く手掛けている

浅井なつみ (NATSUMI ASAI)

広告、ブランドのLOOKなどを中心に活躍するモデル。
モデルの傍ら、都内を中心にDJとしても活動し、様々な企画を考案中!

撮影協力 / 衣装提供
「Shibuya “T“」
渋谷区神南1-10-7 テルス神南4F
03-3780-5572

NIKE AIR MAX 95 OG

CT1689-001

¥17,000(+tax)

※APP限定抽選になります。

▼ アプリダウンロードはこちら ▼

NIKE AS M NK AM95 PO HOODIE

DN3735-010

¥9,000(+tax)

NIKE AS M NK AM95 PO HOODIE

DN3735-063

¥9,000(+tax)

サイズ着丈身幅袖丈(裄丈)肩幅
M65.5546246
L67556446.5
XL69586648
XXL69.562.567.551
3XL70.563.568.551.5

NIKE AS M NK AM95 SS TEE

DN3747-010

¥4,500(+tax)

NIKE AS M NK AM95 SS TEE

DN3747-100

¥4,500(+tax)

サイズ着丈身幅袖丈(裄丈)肩幅
M65.549.523.544
L67.551.523.545
XL6855.523.546
XXL6957.52447.5
3XL70602548