AIR FORCE 1 40TH

Index of the Message

40年間に及ぶ長いヒストリーを歩んできた中で、AIR FORCE 1は、ディテールの変遷、
ハイからロー、ミッドの展開、ピュアホワイトの誕生、いくつかの大きなターニングポイントがあった。
その時々でストリートはなにかメッセージを受け取るかのように能動的に解釈することで、
シューズの存在価値を高めていった。
AIR FORCE 1が経験したカルチャーとの接点はどこにあったのか、全5回から紐解いてみたい。

Text by Masayuki Ozawa

AIR FORCE 1 40TH
Index of the Message

Vol.01
The New

atmos x ECOAL

Photograph by Shunsuke Shiga

40年の歴史をディテールに詰め込んだ
特別な2022年バージョン

40周年を迎えたAIR FORCE1のアニーバーサリーエディション。その細部を覗いてみると、さまざまな時代のディテールにフォーカスしているのがわかる。まず、大きな特徴はボックスで、今回は2000年代初期に使われたオレンジ×ブラウン製をカムバック。シューズ全体のデザインもその時代をある程度ベースに作られている。シュータンに縫い付けられたタグは、ナイキロゴの下部にある「AIR FORCE 1」の文字を筆記体の「Anniversary Edition」に変更。光沢糸でさりげなくリュクスに仕上げている。マニアが唸るポイントは、アイステイのつま先側に施された小さなスウッシュだ。これは現在には存在しないディテールで、ちょうどオレンジボックス初期である2000年頃のモデルには刺繍の跡が残っている。余談だが、Supremeがレギュラー展開している白と黒のAIR FORCE1にはこのディテールが採用されている。そしてトゥボックス全体をみると、現行よりも丸みがおさえられている。補強部の厚みも薄く、輪郭はシャープ。これもまた、90年代後期〜2000年代の名残だろう。ヒールは当時を再現、ではないものの、スウッシュのないNIKE AIRのロゴが90年代以来戻ってきた。当時はプリントで、経年劣化とともに掠れて消えかかっているものが多いことから、刺繍が選ばれたのか。このディテールは、2020年に80年代のディテールを踏襲した通称 “ラベル メーカー パック” に使われ、ヴィンテージ好きの間で密かに話題になったものだ。
最後に、映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』をご存知だろか。エア ジョーダンのCMを手がけて時の人となったスパイク・リーが監督した、人種差別やNYの貧困区域を取り上げたポリティカルなムービー。劇中では、主人公のバギン・アウトが、歯ブラシでシューズの汚れを落とすシーンがあった。本作で付属する歯ブラシにも、白は手入れしてでもキープすべき、というカルチャー的なマインドを読み取ることができる。こうしてみると、フックアップしたディテールに年代の統一はないものの、この普遍的なベーシックにも細かな変遷があったことを知ることができる。2022年バージョンは偉大なヒストリアンである。

AIR FORCE 1 40TH
Index of the Message

Vol.02
Deubre

atmos x ECOAL

リュクスを得るカスタムカルチャーは
デュブレの存在意義を高め続けた

そこに大きなドラマが介在しているかと問われれば、首を大きく縦に振ることはないものの、AIR FORCE1にとって重要なディテールの一つにデュブレがある。このパーツは社内のフットウェアデザイナーのデイモン・クレッグが考案したと言われる。1994年に靴紐につけるタグについてプレゼンテーションする際、それを指す最適なワードを探しているうちにこの言葉に辿り着いたとか。おそらく1996年頃のモデルから一部のAIR FORCE 1にデュブレが標準装備されている。初期は、オーバル型で少しくすんだシルバーの質感だったが、2002年には20周年を記念してアップデートされている。2006年のカタログにはNIKE自らこの言葉を使うようになり、2007年の25周年には、よりアクセサリーのようなプレート状に進化した。僕がデュブレという言葉を知ることなしに小さな変化に気づいたのは、おそらく2000年頃。AIR FORCE 1の「Puerto Rico」や「West indies」などの(当時は希少な)限定モデルにプラスチックのデュブレがついていて、何か特別な意味を感じ取っていた。20代の頃、週末にNYへ行く度によく遊びに行っていたのが、ミッドタウンの問屋街だった。47thストリートからジュエリー専門店が並んでいて(ウィッグ系も多い)、そこにはいわゆるゴールドやダイヤモンドなどのいわゆる「本物」から、メッキ系のアクセサリー店までたくさんあった。東京で言うところの上野〜御徒町だろう。そのメッキ系のアクセサリー店には、黒人のラッパーたちが首からぶら下げている鎖のようなゴールドのチェーンや、スワロフスキーのようなものでデコレーションされた遊び半分のネックレスやベルトのバックルがびっしりと並んでいた。半日も待てばオリジナルのバックルが30ドルくらいで作れたので、日本の友人のお土産に名前入りのプレートを作って持って帰ったものだ。そこには派手に象られた金銀のデュブレがいつの間にかあって、ヒップホップ系に強い並行輸入店などは、このノーブランド品を買い付けていたと思う。アメリカの成功した黒人ラッパーが成功の証に日用品をラグジュアリーにカスタムする感覚が、日本のストリートのアイデアの基盤になって久しい。例えば車、ガラケー、当時はキラキラとしたフリスク専用のケースなどもあった。90年代にアウトドアブーツのように重厚で丈夫だったことでN.Y.のストリートに愛されたAIR FORCE1 も同じように成功の証で、デュブレは価値を上げる重要なパーツだった。薄底のDUNKにはなくて、厚底のAIR FORCE1 に付属する理由はそこだろう。

AIR FORCE 1 40TH
Index of the Message

Vol.03
Mid

atmos x ECOAL

Photograph by Shunsuke Shiga

世界中を巻き込んだ2000年代のムーブメント前夜、
ミッドカットのデザイン実験が行われていた

スニーカー、いやスポーツシューズの世界において、最初からミッドカットが作られることはない。「ミッド=中間」という意味だけに、その両端があってこそ生まれるのがミッド。ハイとロー、それぞれの高まる需要を分散させるかのように「じゃあミッドも作るか」という”おまけ”というか、遊び心的な存在ではないだろうか。それゆえスニーカーにミッドカットが定着したモデルは知る限りほとんどない。AIR FORCE 1と横並びで扱われるようなAIR JORDAN 1もミッドは後発で、立ち位置は正直微妙だし、DUNKに至っては2003年頃にミッドがひととき出た以降は、SBに系譜が委ねられてしまった。本流はあくまでハイとローで、ミッドにはNIKEも本気を出してこない。そんな印象すら感じている。 しかしながらマニアの視点からいえば、AIR FORCE 1に限っていうと、モデル自体の普及にミッドが大きく貢献した。ローの登場から遅れること11年、1994年にミッドは登場した。90年代に入ると、AIR FORCE 1のフィールドは屋内コートから屋外コート、広義的にストリートに移っていて、80年代の様式美を90年代にフィットさせるかのように誕生したのがミッドだった。この前述した遊び心的な部分を、時代にうまくコミットさせていたと思う。配色のレイアウト、マテリアル、ジュエルスウッシュ、90年代中頃から生まれたたくさんのバリエーションは、どれもミッドに使われることが多かった。良い意味で、本流でないものに要素を盛り付け、遊んでいたのではないかと考察する。 僕の知る限り、世界で一番AIR FORCE 1を所有しているコレクターであり、地元の先輩でもある武井祐介さんは、中でも1997年に発売されたミッドカットの通称「INDEPENDENCE DAY」が、40年に及ぶAIR FORCE 1の歴史において大きなターニングポイントだったという。補強部の配色を切り替えるアイデアは、95年頃からミッドで始まっていて、ローカットに採用されるにはまだ5年ほど先のこととなる。武井さんは「新しいものを試すなら、新しいミッドで、という動きを当時から感じていました。素材もディテールも、基本的にミッドで導入する動きだったと思います」と所見を述べる。97年は、まだランニングシューズを中心としたいわゆる「ハイテク」の全盛期だった。そうした波にミッドを巻き込もうとNIKEは考えたのか。「ジェエルスウッシュ、クリアソール、メタリック素材、そしてデュブレもすべて付いている。INDEPENDENCE DAYは、クラシックなAIR FORCE 1が当時のハイテクに負けないデザインを表現できることを示していた」と付け加える。 思い返せば僕も初めて購入したAIR FORCE 1はミッドだった。98年以降はミッドばかりがヒップホップ系の並行輸入ショップにたくさん並んでいて、DJ MUROさんのサベージ、マンハッタンレコードのクロージング専門店、グロウアラウンド。これら宇田川町界隈の名店にはミッドが占めていたと記憶する。当時はほとんどがジュエルスウッシュ(ジェルスウッシュの方が一般的ではなかったろうか、僕のコミュニティが間違っていただけか……)で、シューレースは丸紐がわりとスタンダード(それでも平紐の方が人気だったと思うが……)。そしてフットアクション別注がとにかく良色ばかりで、ジョージタウンやAIR JORDAN 1をイメージした黒赤とか黒青などもあった。98年には「FLAX」の名で最初の”ウィート”カラーがミッドで発売されている。こうしたカルチャーを落とし込む作業は、既にミッドで実験的にトライされていて、その経験が2000年代、爆発的なローカットのムーブメントへと流れていったのだ。

atmos x ECOAL

atmos x ECOAL

AIR FORCE 1
Color of the Month

atmos x ECOAL atmos x ECOAL atmos x ECOAL

RELATED ITEM

atmos x ECOAL NIKE W AIR FORCE 1 ’07 ESS
¥12,100- (税込)
atmos x ECOAL NIKE AIR FORCE 1 ’07 LX LIGHT
¥14,300- (税込)
atmos x ECOAL NIKE AIR FORCE 1 HIGH ’07 LV8
¥16,500- (税込)
atmos x ECOAL NIKE AIR FORCE 1 MID ’07 QS
¥17,600- (税込)
atmos x ECOAL NIKE AIR FORCE 1 MID ’07 PRM COCONUT
¥15,400- (税込)
atmos x ECOAL NIKE AIR FORCE 1 MID ’07 LX
¥15,400- (税込)
atmos x ECOAL NIKE WMNS AIR FORCE 1 ’07 LX
¥13,200- (税込)
atmos x ECOAL NIKE AIR FORCE 1 ’07 LV8 EMB
¥13,200- (税込)
atmos x ECOAL NIKE AS M NK NRG AF1 TEE SS
¥5,720- (税込)