K-SWISS CLASSIC88

"K・SWISS CLASSIC88 BLS/BL"

K・SWISSの歴史は、 シューズカンパニーを立ち上げるという夢を追った2人のスイス人兄弟が、 米国カリフォルニア州に移り住んだことから始まりました。

K-SWISS CLASSIC88

今から50年前の1966年のこと。 テニスプレイヤーであり、スキーヤーでもあった彼らは、 高品質なテニスシューズを作り出すためにスキーブーツの機能性にヒントを得て、 オールレザーのテニスシューズ"K・SWISS"を誕生させました。

K-SWISS CLASSIC88
K-SWISS CLASSIC88

そのパフォーマンステニスシューズ、“K・SWISS CLASSIC”の特徴は、 激しいプレーでのレザーの伸びを抑えホールドする「5本のストライプ」。 スキーブーツからヒントを得た靴紐を確実に締められる「Dリング」。 磨耗の激しいつま先の強度を高めた「スリー・ピース・トウ」。

K-SWISS CLASSIC88

クッション性に優れたインソールの「ブルーポロン」。 優れたグリップ力を発揮する「ブリックアウトソールパターン」など、 今ではブランドの象徴となっている数々の優れた機能が凝縮されたテニスシューズでした。

K-SWISS CLASSIC88
K-SWISS CLASSIC88

“K・SWISS CLASSIC”は、瞬く間にトップアスリートの支持を集めたのはもちろん、 トレンドセッターからも支持を得て世界中で愛されるシューズへと成長しました。 それから“K・SWISS CLASSIC”は、 約半世紀に渡って、多くのファンに支持され続けるロングセラーモデルとなりました。