adidas Originals YUNG-1 ATMOS

スーパーブランドを中心としたモード業界から端を発し、一気に世界的トレンドとなったボーリュームあるデザインが特徴的なダッドスニーカー。 その”ダサかっこいい”デザインは、90年代ファッションのリバイバルとも重なり当然の如く日本でも一大ブームに。。。

そしてその影響で、今までは注目されなかった大衆向け安価モデルがファッションシーンの最前線に出てきたり。。。 スポーツ、アパレル各メーカーもブームに乗っかろうと安易なデザインのダッドスニーカーを乱発。。。 さらには、HOKA ONEONEに代表されるダッドスニーカーとは無縁のリアルなスポーツシューズが そのボリュームあるデザインから同じ枠組に入れられセレクトショップに並び始めたり。。。 スニーカーショップ、セレクトショップを中心に街中ダッドスニーカーが溢れる状況に。。。

adidas Originals YUNG-1 ATMOS

ただこの一過性ブームの中、先に書きましたブランドの意思とは全く関係なく 無理やり同カテゴリーに入れられてしまった元々パフォーマンスとデザイン性に優れたスポーツモデルとはまた別に、 間違い無くメーカーがコンセプト持ってしっかり作り込んだデザイン性優れたモデルもしっかり生まれている訳でして。。。 流行など全く関係なく、必ずその後も自分の足元をコーディネートする1足としてローテーションに残り続けるモデルも誕生している訳でして。。。 流行に安易に乗っかってきた”その時だけ履くモデル”とは明らかに異なるモデル。。。

今回のテーマとなるモデルは、adidas Originals YUNG-1 ATMOS。 90年代アディダスのアーカイブであるFALCON DORFを現代にアレンジしたその丸みを帯びた90Sランニングシューズ、ADIDAS YUNG-1。 このボリュームあるデザインを持って、今まさしくダッドスニーカーブーム真っ只中に発売されたこのモデル。 そのモデルに”良い意味で期待を裏切ってくれた感”が強いATMOS別注カラーが登場。 ダッドスニーカー飽和状態の今、他のダッドスニーカーとは良い意味で”何か違う”このカラーこそ、 今後も一つのモデルとして自分のローテーションにしっかり定着するモデルでは無いでしょうか?

adidas Originals YUNG-1 ATMOS
adidas Originals YUNG-1 ATMOS

理由は単純明快なこのトリコロールカラー。 40代50代のスニーカーファンにはグッときて、若い世代には新鮮に感じるかもしれないトリコロールカラー。 サファリカラーやCLEAR JADEカラーに代表されるインパクト強いATMOS別注カラーではなく、 説明が無ければ別注であることに気がつかないであろうホワイトベースのトリコロールカラー。 シンプルであり大胆でもあり、そして懐かしさ感じるトリコロールカラーをショップ別注カラーに採用ってセンス良すぎじゃ無いですか! この丸み帯びたデザインのアディダスシューズに、このカラーって絶妙すぎます! これは贅沢!

adidas Originals YUNG-1 ATMOS

別注モデルにありがちな”今しか履けないわかりやすいカラー”では無く、 むしろ”メーカーカタログにありそうな普通のカラー”を用いることで、 その別注カラーのセンスとモデル本来のデザイン性の良さが際立っていると思います。。 これは贅沢です!

adidas Originals YUNG-1 ATMOS
adidas Originals YUNG-1 ATMOS

別注だから、限定だからという安易な選択理由ではなく、スニーカー本来のデザインと カラーリングセンスに魅力感じて履くべきスニーカーでは無いでしょうか? 別注ありきではなく、もしかしたら”別注”って肩書きは必要ないんじゃ無いかと思えるくらいのセンスの良さ! 要所で使用されるリフレクター素材も、雰囲気あります!

adidas Originals YUNG-1 ATMOS
adidas Originals YUNG-1 ATMOS

無意味な主張や、押し出し強い別注感とは無関係な本当の美色。 こういうスニーカーをお探しの方って多いと思います。 もしかしたら、このスニーカーがきっかけでアトモスさんの事を知る大人スニーカーファンの方々も多いかもしれません。 間違いなくアトモスさんに新しいファンが増えるきっかけになるスニーカーだと思います。

長い間大事に履ける、履こうと思えるスニーカーですね!

(((別注カラーにして、あえてシンプルなトリコロールカラーを選ぶには、 企画段階で中々勇気が必要だったんじゃ無いかと勝手に考えたりしています。)))

TEXT:SHIGEYUKI “BINGO” MARUMOTO