weight weight

Tyrrell Winston
x
Reebok


QUESTION MID
CLUB C 85

NYの現代アーティスト、タイレル・ウィンストンとReebokが初のコラボレーション!
「”Tyrrell Winston x Reebok” Question Mid & Club C」が登場。

weight

本コレクションでは、”膨らんだバスケットボール”や”壊れたネット”
などを使った作品で知られるタイレル・ウィンストンのバスケットボールへの愛情をデザインに落とし込みました。
ベースとなるモデルには、
リーボックの代表的なバスケットボールシューズである「Question Mid(クエスチョン ミッド)」と、
リーボックの“裏定番シューズ”「Club C(クラブ シー)」の2つを採用しました。

weight

それぞれヒールタブにポニーヘアのパーツ、
「Club C」はシュータンとインソール、
「Question Mid」はヒールとインソールに、
タイレル・ウィンストンがニューヨークヤンキースからインスパイアされたロゴ、
“New York Yankees Doodle(ヌードル)”をさりげなくあしらいました。

weight

■ショートフィルムコンテンツ「The Journey」

今回のコラボレーションを記念して、ウィンストンと
クリエイティブディレクターのドリュー・ヴィラーニが制作した、
ショートフィルムコンテンツ「The Journey(ザ ジャーニー)」を公開します。
この作品では、”伝統的な旅”と”現代的な旅”の
異なる世界観を探求する2つのストーリーで構成されています。

作中、「Question MID」は、多くの社会構造の鍵を握っているとされる”馬”の牧場で撮影されています。
一方で、「CLUB C」は、ウィンストンが夢を追い求めながら日常的に利用していた
スタテン島フェリーにて、“鉄馬”に乗っているシーンで撮影されています。
「周囲を気にせず、ただ前だけを向いて走り続ける競走馬」から
インスパイアされたストーリーとなっています。

weight

■タイレル・ウィンストンについて

タイレル・ウィンストンは、古いバスケットボールを
グリッド状に並べたアッサンブラージュ作品で有名なアーティストです。
彼は、スタテンアイランドのワグナー大学で芸術管理を学ぶためにニューヨークに移り住んだ際に、
街で見つけた紙くずを使いコラージュ作品を作り始めました。
また、古いバスケットボールやタバコの吸殻などのゴミも集めており、
これらは現在、彼のミクストメディア作品の基礎素材となっています。
ソーシャルメディア上で多くのファンを持つウィンストンは、
自立型の彫刻、バスケットボールのネットを再利用した壁掛け、
有名アスリートのサインを描いた絵画なども制作しています。
彼の作品は全て、他人が捨てたものに再び物語を宿す役割をしています。

weight

Tyrrell Winston
x
Reebok
QUESTION MID

gz1565
¥20,000(税込)

Tyrrell Winston
x
Reebok
CLUB C 85

gz1567
¥15,000(税込)