PUMA SUEDE VTG WTFORMSTRIPE RED 21FA-I_photo_large
  • Sale

【お取り寄せ商品】【PUMA 2021.FALL】

PUMA SUEDE VTG WTFORMSTRIPE RED 21FA-I プーマ スウェード ヴィンテージ ダブルティー フォームストリップ

382657-02

  • Sale

【お取り寄せ商品】【PUMA 2021.FALL】

PUMA SUEDE VTG WTFORMSTRIPE RED 21FA-I プーマ スウェード ヴィンテージ ダブルティー フォームストリップ

382657-02

COLOR

  • レッド

SIZE

23.0cm
23.5cm
24.0cm
24.5cm
25.0cm
26.0cm
26.5cm
27.0cm
27.5cm
28.0cm
28.5cm
29.0cm
¥11,000 → ¥7,150 (税込 ¥7,865)

レギュラー会員 72コイン 獲得

1968年に原型となるCRACKというスウェード製トレーニングシューズが登場して以後、50年以上の長きにわたって様々なシーンで愛され続けてきたPUMA SUEDE。PUMA SUEDEが現在の形となったのは1979年以後、PUMAの看板プレーヤーで、PUMA CLYDEの着用シグニチャープレーヤーであったウォルト・フレイジャーがPUMAとの契約を離れたところからスタートしています。当時、PUMA SUEDEはPUMA CLYDEの“CLYDE”というプリントを外し展開がスタートした為品名設定もされておらず、単に品番の“90681”というモデル名でカタログ掲載がされていました。その後、“PUMAのSUEDEのシューズ”という呼ばれ方が定着し、その後“PUMA SUEDE”と品名が登録されたのは、1990年代以後となる、、という歴史が存在しています。当モデルは、セメント製法と呼ばれる、接着剤でアウトソールを張り合わせるスタイルの生産方法や、フォームストリップ後ろのステッチカラーをフォームストリップと合わせたカラーでの生産方法など1970年代後半~1980年代中盤までユーゴスラビアにて生産されていた“90681”のスペックをベースに生産されています。AH21ではそんな一足をベースに、トゥとフォームストリップに毛足の長いヘアリースウェード(=Warm Texture)を採用したモデルが登場。パネルでカラーブロックを変えるアプローチはPUMA CLYDEにも通じるアプローチとなっています。

●注文は、毎朝9:30頃に送信する「注文確認メール」をもって「注文確定」となります。

●複数店舗で在庫を共有している都合から、商品をご用意できない場合がございます。

●商品の在庫状況により発送までお時間を頂戴する場合がございます。

●【お取り寄せ商品】 通常7~14営業日でのお届けとなります。

●[予約]アイコンがある商品は、サンプル品の画像でお届けする商品と一部異なる場合があります。予めご了承ください。

●稀にシューズの箱にダメージやサインペンなどでマーキングされているものがあります。箱の状態が気になるお客様は事前にお問い合わせ下さい。

●箱のダメージ、製品タグの付属を理由とする返品は、往復の送料及び代引き支払いの場合はその手数料をお客様にご負担いただきます。

We are not accepting this product returns or exchanges.

カラーを選択

sp-close-btn
レッド
サイズを選択
23.0cm

再入荷案内

23.5cm

残りわずか

24.0cm

再入荷案内

24.5cm

再入荷案内

25.0cm

再入荷案内

26.0cm

再入荷案内

26.5cm

再入荷案内

27.0cm

残りわずか

27.5cm

再入荷案内

28.0cm

残りわずか

28.5cm

残りわずか

29.0cm

再入荷案内